興信所

相手が油断した隙を狙って証拠収集

愛している人物に対して後ろめたいことがある人は、なかなか隙を見せてはくれません。
特に浮気という場合にはそれが顕著で、探偵を雇ったところで、効力のある物証を見つけ出すのは困難を極めます。
ではどうすれば証拠を握ることができるのかと言うと、お酒の力を借りるのです。

あなたにもこんな経験があると思います。
お酒の席で、隠し通さなければいけない秘密をつい漏らしてしまったというものです。
周知の事実ではありますが、人間はアルコールを摂取することで気が大きくなり口が固くなくなります。

つまり、「浮気証拠を収集」するためには、怪しいと睨んでいる相手に対してお酒を飲ませて油断した隙を狙って質問攻めにするのです。
大前提として、楽しい雰囲気を作るよう努めなければいけませんが、それさえできれば不倫相手の特定など簡単なことです。
まずは、ターゲットとなる人物を罠にはめるために準備が必要です。

参考サイト:「浮気調査

相手が常日頃から好んでいるお酒を購入しましょう。
少しでも良い気持ちで酔っ払ってもらうためです。
次に、その人物が好きな音楽を部屋中に流して雰囲気作りをするのもいいでしょう。
この2つだけでも、案外あっさりと口を割って浮気の証拠を収集することができるものです。

detectivean

興信所

下着の購入は相手との行為を考えての行動。

浮気の決定的な証拠。
いろいろとありますが、自分の経験から書かせてもらいます。
自分の場合、浮気をしたときにスマホの履歴は消す。
アリバイを作る。
匂いを消す。
など初歩的なことは全て行っていました。
これだけをすれば、勘の鈍い女性は、わからないと思います。

中には感が鋭く、見破る女性もいますが。
外見的なもの、はいくらでも隠すことができるので、決定的な証拠にはなり得ません。
スマホは履歴がなければわからないし、女性から連絡があっても、仕事関係と嘘をつかれれば追求のしようがないし。

しかし、もっっとも決定的な証拠があるのです。
自分もそこを突かれたら厳しいと思っていました。
それは下着を新調することです。

浮気をする前までは、古びた下着をつけていました。
しかし、下着が古びれていると、脱いだ時にカッコ悪い。
そこで、新しい下着を購入したのです。
カルバンクラインやラルフなどを。

当然、女性は「何で?」となるでしょう。
それから怪しまれるようになりました。
結局、そのときはばれませんでしたが、下着を購入するというのは、たぶん男性も女性も同じだと思います。
彼氏、彼女、旦那さん、奥さんが少し派手めな、かっこいい目の下着を購入したら気をつけてください。
すでに相手との行為を考えていますから。

興信所

どこの家庭も離婚の危機

旦那さんの転勤で北海道に行ってしまった友人から、離婚するかもしれないという連絡が来ました。
少し前に会った時は、夫婦げんかをしつつも仲良くやっているように見えたので、かなり驚きました。

いつもの一時的な感情かとも思いましたが、今回は様子が違っていました。けんかして仲直りをするということを繰り返すのにも疲れ、彼に対する愛情も冷めてしまったと、冷静に考えているようでした。
出会った頃は優しかったのに、今では家事と育児を全面的に押し付けられ、息苦しいのだと吐露していました。

でも、出会った頃は優しかったというのは、どの家庭においても同じなのではないでしょうか。
我が家も同様に、最初の頃は私の話もきちんと聞いてくれて、気も使ってくれていました。

今では、目を合わせることもなければ、名前を呼ばれることもありません。
それは、自然な流れであり、決して珍しいことではないと思います。友人に、そのことを伝えても、いまいち納得をしていないようでした。

ちょうど、このタイミングで実家の建て替えが行なわれているらしく、自分と子供の部屋も作ってもらっているそうです。
だから、もう本格的に実家に帰るつもりのようでした。
私には、何もできずもどかしかったです。