サービス残業は当たり前。もうSE辞めたい!

長年、勤めていた会社を転職したことで、辞めたい気持ちをプラスに転じた経験です。
以前の会社では、通信機器メーカーで、SE(システムエンジニア)の仕事をしていました。。
入社ばかりの時は営業で配属されたのですが、3年間の経験を経て、SE(システムエンジニア)の道を歩みました。

元々、その希望だったので、10数年は満足のいく仕事でしたが、会社の業績が不透明になりつつあって、サービス残業は当たり前で、昔の自由で活気のある社風は失われつつありました。
管理職も経営陣のイエスマンばかり多くなっていき、現場からの提案や提言には耳を貸さない空気が蔓延し始めたのです。

しかも、収入は年々ダウンしていくばかり。
元来、開発力もあり、フレキシブルな発想で行動できていたSE(システムエンジニア)部門も硬直化していったのです。

参考:SE辞めたい

私自身もかなり組織的な改革に参画していましたが、これも全て却下。
私の所属する部門のモチベーションも士気も下がる一方で、辞めたい気持ちでいっぱいになりました。
このような状態で足切りや早期退職も募る悪循環に陥っていきました。

私もこのままでは、自分の先行きが見えないこともあり、思い切って転職を考えたのです。
幸いにして転職エージェンシーを通じて、通信系のIT企業に転職することができました。
今では納得のいく仕事ができており満足ですが、前職を辞めた動機は決して後味の良いものではありません。

筆者について

wpmaster

記事を表示 →