外壁塗装業者で雨漏り防止塗料の塗り替え

家が古くなってくると、風雨に晒され続ける壁が傷んできます。
そして痛んだ外壁に水が染み込んで、そこから雨漏りがし始めます。

そうなると内壁がもろくなったりカビが生えてきたりします。
だから住宅が傷み始めたら外壁の塗り替えをして、カビを防止しなければならないです。

外壁塗装を塗り替えるタイミングとしてチョーキングが有ります。
これは外壁を触ると白い粉が手に付いて、まるでチョークの粉みたいだから、そう言われています。

これは塗膜に含まれる樹脂分が無くなったから起こります。
だから新しい塗膜を貼る為に外壁を塗り替えなければならないです。

他にも壁にひびが入ったり塗膜自体が剥がれてきた場合も塗り替えるタイミングです。
またそれらの症状が出ていなくても出てくる前に塗り替えをした方がいいです。

それで塗り替えのタイミングとして、一番期間の短いアクリル系樹脂塗料で5年から8年で、丈夫なフッ素樹脂塗料で15年から20年の間です。

塗装に使われている塗料を確認してみて、耐久力的にもう限界だと思ったら塗り替えることです。
耐用年数も場所によって変わりますから、日差しが強い所や風雨が強い所は、その分耐用年数が落ちていると考えて塗り替えの時期を早めることです。

参考:外壁塗装業者

筆者について

wpmaster

記事を表示 →